あおぞら保育園 「社会福祉法人 こばと会」 多摩市

絵本の紹介
 TOP保育の内容>絵本の紹介
11月号
 今回は主に乳児向けの本を紹介します。
子どもは1歳半〜2歳位になると絵本に興味を持ち始め、
大人に読んでもらったり、自分でお気に入りの絵本を棚から出してページを自分でめくり、
お気に入りのページを見て、楽しむ姿が見られるようになってきます。
 この本は「だるまさんが」だるまさんの」「だるまさんと」の3部のシリーズです。
ページを開くと「だ・る・ま・さ・ん・が」「どてっ」や「ぷっ」など、
だるまさんが絵本の中で動いています。
まるで、本当に動いているみたいに!
子どもたちは、だるまさんの動きに合わせて体を動かしたり、
同じ言葉の繰り返し(リズム)を覚えて一緒に言葉に出して楽しんでいます。
 また、この絵本の言葉には「だるまさんが」の「が」、「だるまさんの」の「の」、
「だるまさんと」の「と」、のように「助詞」使われています。
幼児になると、おしゃべりが上手になります。
単語と単語を繋ぐ「助詞」の使い方も、自然に覚えることができる絵本です。
 絵本は普段一人で見たり、乳児は大人の膝で見たりしていますが、
3,4歳になると、クラスのお集まりで、大型絵本をみんなで見て楽しむこともあります。
絵だけではなく、だるまさんの動きや、言葉の意味、響きに気づき、
次のだるまさんを想像して楽しむ姿も見られ、
「だるまさんが・・・」と大人が読んだだけで、
次のページの楽しい世界を知っている子供たちは、ワクワク!!
お話が終わると「面白かったね!」「もう一回読んで!」と
子供たちからのリクエストの多い絵本です。

かがくい ひろし/作
ブロンズ新社
9月号
 子どもは家や保育園の周りや公園などで、小さな生き物を見つける天才です!
子どもたちは、見つけた生き物をそばにいる大人や友達に
「見つけた!こんなのいたよ!」と満面の笑みで教えてくれます。
 この本は、生き物を紹介する入門艦で幼児4,5歳向けです。
生き物の生態や、おもしろい実験も載っています。
カエル、カメ、ザリガニ、メダカ・・・トカゲ、モグラ、ハト・・・身近にいる生き物が
「えっ!そうだったのか〜」と、ビックリするような発見もあるかもしれませんね!
子どもだけではなく、大人も一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

7月号
2歳児クラスの子どもたちに人気のある絵本の1つです。
乳児では、絵本を見る時は、大人の膝の上に子どもが座り、一対一で絵本を見ます。
この絵本は、身近な野菜やくだものが行進したり水の中を泳いだり・・・。
同じ言葉の繰り返しをすぐに覚え、
絵本を見ながら大人と一緒に言葉のリズムを楽しんでいます。


〒206-0033
 東京都多摩市落合1−5−16
 TEL: 042-375-1330
(今すぐ電話する)
個人情報保護方針

Copyright ©2013社会福祉法人 こばと会 あおぞら保育園 All Rights Reserved.